ニチデンのメリット・デメリットを口コミ/評判から比較

昔は電気料金を安くする方法は、電気を使わない・コンセントなどを抜いて待機電源を作らないなどといった方法しかありませんでした。

2016年4月より旧一般電気事業者により独占されていた家庭などに向けた電力小売の自由化が開始され、様々な業種が電力供給をできるようになりました。
(旧一般電気事業者とは北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力の10社を指します)

各家庭も旧一般電気事業者以外の電力会社を選ぶことができるようになり、会社によっては今までよりも電気代を安くすることができるようになりました。

この記事では「ニチデン(HTBエナジー)」について紹介していきたいと思います。

また、ニチデンのメリットやデメリットについて口コミを交えながらご紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

ニチデン 公式サイトへ

 

目次

ニチデンをおすすめする人

『ニチデン』は以下の様な方々がおすすめです。

電気を多く使う方
電化製品の修理サポートを受けたい方
旅行をお得に行きたい方

以上の条件に一致する方は『ニチデン』のサービスがおすすめとなっています!

詳細は後程紹介いたしますが、ニチデンは旅行会社の「HIS」系列の会社であるため、電気以外にも旅行に関わる料金が安くなります。

ただし以下の方はニチデンを検討した方が良いでしょう

ニチデンの利用をもう1度検討するべき人

一人暮らし
旅行には興味がない
入会時のキャンペーンや特典を重視する

以上の条件に一致する方は『ニチデン』への切り替えを再検討したほうが良い人です。

ただ、もし「もっと電気料金が安くならないかなー?」と考えているなら、下記でおすすめの新電力会社の比較と紹介をしていますのでチェックされて下さい。

有名な会社が提供している新電力サービスもあれば新興の新電力サービスもあります。

それぞれの特徴があるので自分にピッタリの電力会社を探してみて下さい。

【おすすめの新電力会社の比較・紹介へ】

ニチデンの基本情報

ニチデンはHTBエナジー株式会社が電力供給事業者となっている会社です。

ですので、ここではHTBエナジー株式会社の詳細をお送り怒りいたします

『ニチデン(HTBエナジー株式会社)』の基本情報

会社概要
設  立 2015年2月2日
所在地 (本社)
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3丁目9番25号 東晴天神ビル
資本金 95,000,000円 月
役  員 取締役会長 澤田 秀雄
代表取締役社長 赤尾 昇平
取締役 松木 理彦
社外取締役 柏崎 和久(新任)
執行役員 亀谷 泰央
監査役 梅田 常和
監査役 関田 園子
主要株主 HISエネルギーホールディングス株式会社
グループ会社 株式会社エイチ・アイ・エス
ハウステンボス株式会社
業務内容 電力小売り業務
登  録 小売電気事業者 2016年2月登録
日本卸電力取引所(JEPX)会員 2015年7月登録
電力広域的運営推進機関(OCCTO)会員 2015年5月登録
特定規模電気事業者(PPS) 2015年4月登録
ガス小売事業者 2018年3月登録

引用元:HTBエナジー株式会社公式サイト

ニチデンは上記したように大手旅行会社代理店、HISの系列会社であるHTBエナジーが提供しています。

グループ会社には大手テーマパークのハウステンボスもあります。

では、どのようなサービスやプランがあるのでしょうか?

次から紹介していきたいです。

ニチデンの特徴の紹介

ニチデンのサービスにはどんな特徴があるのでしょうか?まずはそちらを紹介していきます。

初期費用が発生しない

電力会社によってはメーターの設置により、費用が発生することがありますが、契約の際に、切り替えのための費用が一切発生しません。

ほぼ全国的に利用可能

ニチデンが対応しているエリアは以下のようになります。

  • 東京電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 北海道電力エリア
  • 九州電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 北陸電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア

このようにほぼ全国をカバーしていますが、残念ながら沖縄電力エリアと、離島に関しては対応外となっています。

ただ、全国的に電力小売の自由化が進んでいますので、沖縄電力エリアも入る可能性があります。

では、どのような特典やキャンペーンがあるかが気になりますよね?次にそちらを紹介していきます。

ニチデンの特典・キャンペーン

ニチデンには現在大きく2つの入会特典があります。

どちらも有用な特典ですので、きっと役立つと思いますよ。

「つながる修理サポート」が無料で利用可能

ニチデンを利用することで、他社(匠ワランティアンドプロテクション)が提供している「つながる修理サポート(S)」が無料で利用することができます。

どのようなサービスかと言いますと…

・エアコン、冷蔵庫、洗濯機は設置・購入日から10年以内の機器・製品に限り無償にて修理対応が可能(最大50万円)
・上記以外の国内外200以上のメーカー、50品目以上の製品について修理依頼ができる(修理自体は有料)
・修理依頼時の配送料が片道分無料
・発送修理対象製品の片道送料が無料

となっています。

しかも、サポート回数や台数においては無制限となっていますので、自宅で使用しているエアコン・冷蔵庫・洗濯機が壊れた場合には何度でも利用することができます。

国内・海外問わず旅行が割引価格で利用可能

こちらは旅行会社を運営しているHISグループならではの特典といえます。

ニチデンを利用することで、旅行専用ダイヤルより電話予約を行うことで、国内外問わず旅行代金が最大で3000円割り引かれます。

旅行が好きな方には良い得点ではないかと思います。

それでは続いて『ニチデン』のメリット、デメリットを紹介していきます!

ニチデンのメリット・デメリット

それではまず結論からお伝えすると

メリット
家族が多い場合、料金が安くなる
解約時に違約金がかからない

デメリット
一人暮らしだった場合、料金が高い
営業がしつこく感じる
電話がつながりにくい

以上のようなメリット・デメリットが『ニチデン』にはある事が分かりました。

それではそれぞれ詳細にみていきますね。

ニチデンのメリット

家族が多い場合、料金が安くなる

家族が多い場合、必然的に電気使用量が多くなってしまいがちですよね?

ニチデンの場合、使用量が多ければ多いほど今まで使用していた電力会社より安くなる可能性があります。

もちろん、各電力会社によっては料金があまり変わらなかったり、使用量によっては高くなったりしてしまうこともあります。

後程比較を致しますので、参考にしてみてください。

解約時に違約金がかからない

電気会社を変更・解約をするときには違約金が掛かるところが多くあります。

ニチデンの場合、条件がありますが解約時の違約金が掛かりません。

1.2019年7月以降に開通した方

2.契約後半年以上経過した方

以上の方は契約金が発生いたしません。また、契約金が発生するとしても2000円と安い金額ですのでそれほど気にならないかもしれませんね。

ニチデンのデメリット

一人暮らしだった場合、料金が高い

メリットとは逆に一人暮らしの場合、あまり電気を使わないので、今まで契約していた電力会社よりも高くなてしまう傾向があるようです。

こちらも後程の料金比較を参考にしてみてください。

営業がしつこく感じる

こちらは口コミで多くの方の意見がありました。

営業まわりで契約をお願いされることも多いようですが、少ししつこく感じることもあるようです。

中には、「このまま高い電気料金払い続けるんすね、断るなら早く言ってもらえます?」
と言われた方もいるようで…。

全てこういう方ばかりではないんですけどね…。

電話がつながりにくい

こちらも口コミで多くの方が言われておりましたが、契約終了や解約・問い合わせで電話しても中々つながらないということがあるようです。

電話がつながりにくいというのはちょっとした問題ですので、何とかしてほしいところですよね…。

ニチデン 公式サイトへ

 

ニチデンの料金プランまとめ

ニチデンの料金プラン(シンプルプラン)は、「基本料金」+「従量料金」プラスα「燃料調整額」+「再生可能エネルギー賦課金」の構成でなりたっています。

基本料金

基本料金に対しては、アンペア数に対して、料金の違いがあります。

基本料金は電気を利用していなくても契約をしている限り、支払わないといけないお金です。

そこで『ニチデン』の各地域(電力会社区域)ごとのレギュラープランでの基本料金を一覧にしましたので、契約の際の参考にして下さい。

ニチデン北海道レギュラープランB(北海道電力)

契約アンペア数 基本料金
20A 647.90円
30A 971.85円
40A 1295.80円
50A 1619.75円
60A 1943.70円

ニチデン東北レギュラープランB(東北電力)

契約アンペア数 基本料金
20A 627.00円
30A 940.50円
40A 1254.00円
50A 1567.50円
60A 1881.00円

ニチデン東京レギュラープランB(東京電力)

契約アンペア数 基本料金
20A 543.40円
30A 815.10円
40A 1086.80円
50A 1358.50円
60A 1630.20円

ニチデン中部レギュラープランB(中部電力)

契約アンペア数 基本料金
20A 563.77円
30A 815.10円
40A 1086.80円
50A 1358.50円
60A 1630.20円

ニチデン北陸レギュラープランB(北陸電力)

契約アンペア数 基本料金
20A 459.80円
30A 689.70円
40A 919.60円
50A 1149.50円
60A 1379.40円

ニチデン九州レギュラープランB(九州電力)

契約アンペア数 基本料金
20A 564.30円
30A 846.45円
40A 1126.66円
50A 1410.75円
60A 1692.90円

ニチデン関西レギュラープランA(関西電力)

契約アンペア数 基本料金
最初の15kWhまで 330.79円

ニチデン中国レギュラープランA(中国電力)

契約アンペア数 基本料金
最初の15kWhまで 320.50円

ニチデン四国レギュラープランA(四国電力)

契約アンペア数 基本料金
最初の11kWhまで 390.83円

従量料金

従量料金とは電気を使った分に発生する料金です。

先ほど説明した「基本料金」に上乗せされるかたちで電気代が発生します。

『ニチデン』のの各地域(電力会社区域)ごとのレギュラープランでは以下のような従量料金システムをとっています。

ニチデン北海道レギュラープランB

電気量 単価
120kWhまで 1kWhあたり 28.93円
120kWh~280kWhまで 1kWhあたり 28.22円
280kWh以上 1kWhあたり 26.28円

ニチデン東北レギュラープランB

電気量 単価
120kWhまで 1kWhあたり 24.96円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 24.34円
300kWh以上 1kWhあたり 23.12円

ニチデン東京レギュラープランB

電気量 単価
120kWhまで 1kWhあたり 25.77円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 25.16円
300kWh以上 1kWhあたり 23.43円

ニチデン中部レギュラープランB

電気量 単価
120kWhまで 1kWhあたり 25.77円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 25.16円
300kWh以上 1kWhあたり 23.84円

ニチデン北陸レギュラープランB

電気量 単価
120kWhまで 1kWhあたり 22.91円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 20.47円
300kWh以上 1kWhあたり 18.94円

ニチデン九州レギュラープランB

電気量 単価
120kWhまで 1kWhあたり 23.22円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 22.62円
300kWh以上 1kWhあたり 21.38円

ニチデン関西レギュラープランA

電気量 単価
15kWh~120kWhまで 1kWhあたり 24.96円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 24.34円
300kWh以上 1kWhあたり 23.12円

ニチデン中国レギュラープランA

電気量 単価
15kWh~120kWhまで 1kWhあたり 26.795.77円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 25.56円
300kWh以上 1kWhあたり 22.81円

ニチデン四国レギュラープランA

電気量 単価
11kWh~120kWhまで 1kWhあたり 26.88円
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 26.48円
300kWh以上 1kWhあたり 22.10円

ニチデンの電気プラン

ニチデンを利用する上で、みなさんの基準となるのが、従来の電気料金と比べてどのくらいお得になる料金プランが用意されているのかということではないでしょうか。

ここでは各料金プランの紹介をエリア別でどこまで安くなるのか?を紹介していきますので、参考にされて下さい。

ニチデンでは、三種類の料金プランが用意しています。

ただし、ニチデンのプランの一つであるプランCは、電気製品の多い家庭や、業務用大型冷蔵庫などを使用する商店などで主に契約されるものなので割愛いたします。

レギュラープラン(代表的なプラン)

各電力会社の従量電灯B(会社によってはA)に当る基本的なプランです。

シンプルプラン
こちらも従量電灯B(会社によってはA)に当るプランですが、基本料金がレギュラープランより1割程度高めになっていますが、1kWhあたりの電力量料金がどれだけ使っても一定であり、計算しやすいプランになっています。

今回は、最も基本的なレギュラープランについて次より「エリア別」でどれだけの料金差が出ているのかをまとめてみます。

ニチデンのエリア別の料金表

下記の比較表はニチデンの一般家庭プランである「レギュラープラン」と各エリアの大手電力会社の一般家庭プラン(従量電灯B)を比較したものです。

今回は20Aで一カ月100kWh使った場合と、40Aで一カ月400kWh使った場合の料金を比較してみたいと思います。

20Aは主に1人暮らしで普段電気をあまり使わない方、40Aは主にファミリー層で使われています。

なお、今回の計算では「燃料費調整額」と「再エネ賦課金」は含まれません。

※関西電力、四国電力、中国電力エリアは一般家庭向けの「従量電灯A」で計算しています。

電力会社 【一人暮らし】100kWh/20A 【ファミリー層】400kWh/40A
東京電力
ニチデン
24428円
31467円(7047円高い)
136236円
132612円(3624円安い)
関西電力
ニチデン
24818.64円
30173.04円(5354.4円高い)
124229.04円
117573.84円(6655.2円安い)
中部電力
ニチデン
32148円
円(5541.24円高い)
133423.2円
133104円(319.2円安い)
北海道電力
ニチデン
36960円
42490.8円(5530.8円高い)
157070.4円
149700円(7370.4円安い)
東北電力
ニチデン
30216円
37476円(7260円高い)
132444円
131308.8円(1135.2円安い)
北陸電力
ニチデン
27228円
33009.6円(5781.6円高い)
112418.4円
110968.8円(1449.6円安い)
四国電力
ニチデン
26691.96円
33397.8円(6705.84円高い)
126479.16円
123565.8円(2913.36円安い)
中国電力
ニチデン
25254.24円
31171.8円(5917.56円高い)
125087.04円
119535円(5552.04円安い)
九州電力
ニチデン
28080円
34635.6円(6555.6円高い)
120480円
121471.92円(991円高い)

※各電力会社の金額、およびニチデンの差額は1か月同じ量の電気を使用した場合の1年間の金額となります。

以上がニチデンのエリア別の料金比較になります。

ほとんどのエリアで20Aはニチデンより各電力会社の契約の方が、40Aではニチデンでの契約の方が安くなっていることが分かります。

電気を多く使用する場合は、ニチデンでの契約の方が安くなるので、電力使用が多い家庭では契約してみるのもいいかもしれませんね。

なお契約されているプランや料金改変などで金額は変わってきますので、まずは自分の契約している電力会社のプランをチェックされてみて下さい。

プランなどは検針票に記載されています。

検針票から今の電気代の詳細を知りたい方はこちらに見方を解説していますので参考にされて下さい。

関連記事

電気の請求書や検針票って分かりにくいとお思いではないですか? 普段見慣れない単位や、謎に追加されている再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)や燃料費調整額など聞きなれない単語であふれているので、よく分からないままスルーしてい[…]

電気料金請求書の見方

ニチデンの申し込みから契約までの流れ

ニチデンの契約方法ですが、

WEBからの申し込み
電話での申し込み
書面での申し込み
の3つがあります。

ただ、ニチデン公式サイトを見てみますと、申し込みに関する方法は記述されてなく、お問い合わせのところの「お申込み前のお客さまはこちらから」のところをクリックして、メール形式での申し込みになるようです。

書面での契約もあるということですが、訪問販売での契約の場合が主に書面での契約となるようです。ただし、販売者の話し方があまり良くない方が多いようなので、こちらはあまりお勧め致しません。

電話での申し込み

電話での申し込みもできるようなので、もしメールでの問い合わせを待つのが嫌であったり苦手な場合は、電話を選択しても良いでしょう。

下記の電話から問い合わせができるようです。

ニチデンプランお客さまサポートセンター
電話番号:0120-716-012(年末年始を除く 10:00~21:00)

ニチデンの料金支払い方法は、口座振替払い・クレジットカード払い・コンビニ払いの3つから選べます。

申し込む前にどの方法で支払いを行うかを決めておき、必要なもの(通帳やクレジットカードなど)を準備しておくと申し込みはスムーズに行えます。

また、申し込みには供給地点特定番号とお客さま番号(またはご契約番号)が必要となります。

平成28年1月以降の電気ご使用量のお知らせ(検針票)に記載があるので、検針票を準備しておきましょう。

ニチデン 公式サイトへ

 

ニチデンのQ&A

【申し込みについて】
・申し込みを取り消す事はできますか

A:電気開通前なら電話で、開通後であっても他電力会社に契約することで可能です

・クーリングオフはできますか

A:訪問販売、電話勧誘販売により契約締結された場合は、クーリング・オフの対象となります。

・電話での申し込みはできますか

A:できます。

・工事費用はかかりますか

A:基本かかりません。

・工事の立会いは必要ですか

A:不要です。

【料金について】
・電気料金を値上げする事はありますか

A:電力会社の電気料金の増減により変動する場合があります。

・どれくらい安くなりますか

A:プランによって変動するため、以前利用していた電力会社より高くなる可能性もあります。

【支払いについて】
・クレジット支払い以外の支払い方法はありますか

A:口座振替払い、コンビニ払いがあります。

・滞納したらどれくらいで電気が止まりますか

A:支払期日をさらに20 日経過してなお支払われない場合に契約消滅となり、電気は止まります。

・クレジットカードの変更はできますか

A:マイページへログインし、「ご登録情報」⇒「お支払い方法」⇒「クレジットカード」を選択いただき必要事項をご入力ください。

【解約について】
・解約には違約金がかかりますか

A:半年以内の解約で、2000円の違約金が掛かります。

【引っ越しについて】
・引っ越しの際の手続き連絡先はどこにありますか

A:ここに回答を記述

【利用について】
・契約からいつから利用できますか

A:新規契約と電力会社の切り替えでは利用開始日が若干異なりますので、下記URL(PDFファイル)を参照にして下さい。
たのしいでんき ニチデンプラン 契約締結前交付書面

・トラブル時の問い合わせ窓口はどこですか

A:ニチデンプランお客さまサポートセンターへ連絡してください。

ニチデンとおすすめ新電力サービスの比較

ここまでニチデンの特徴やサービス、口コミ・評判などからわかるメリット・デメリットを紹介し、様々な角度からサービスを掘り下げてきました。

しかし、必ずしもニチデンだけが特別なサービスを提供しているわけではありません。

他にも大手ガス会社が立ち上げた新電力会社や、一人暮らしに強い新電力会社、ファミリー層向けの新電力会社と様々にあります。

自分の生活にあったプランを提示する電力会社がありますので、チェックされてみて下さい。

ここではニチデンと肩を並べる電力サービスについて紹介していきます。

これから紹介するサービスの中にニチデンより電気料金が下がるものもありますので、サービスの特徴と料金比較を参考にしてみてください。

ニチデンと他の新電力サービスの料金比較

ここでは大きく

一人暮らしにおすすめの電力サービス
ファミリー層におすすめの電力サービス

と2つに分けておすすめの電力会社を紹介していきます。

一覧表でまとめていますので、契約する参考にされて下さい。

【一人暮らしにおすすめの電力会社】

各新電力サービス 特徴
・一人暮らし用のプランがある
・電気とガスをまとめると最安水準
・Amazonプライムが無料になる
・JCBギフト券最大10,000円分もらえる
【CDエナジーダイレクト公式サイト】
・J:COMセット割引が大きい
・オール電化向けのプランがある
・ガスとセットでさらにお得に
【J:COM電力公式サイト】
・基本料金0円
・契約アンペア数が大きい程、お得
・クーラーや暖房などをよく使う一人暮らしに
【あしたでんき公式サイト】

 

1番のおすすめである「CDエナジーダイレクト」は、特にこれから一人暮らしをはじめる、様々な契約をしなければならない、という方にピッタリの新電力サービスの会社です。

電気・ガスをまとめて契約でき、それによってさらに安くなるからです。

また「Amazonプライム」が無料(月々500円)や10000円のギフト券がプレゼントされるなどの特典もほかでは無いものです。

もし一人暮らし、または電気をそれほど使ってない方はCDエナジーダイレクトのシミュレーションをされてみるといいですよ!

より詳細な情報などをチェックしたい方はコチラの記事も参考にされて下さい。

CDエナジーダイレクトのメリット・デメリットを口コミ・評判から比較

【ファミリー層におすすめの電力サービス】

各新電力サービス 特徴
・電気使用量が大きいほど安くなる
・定額プランあり(一部地域)
・ペットの室内飼いしている方にも◎
・契約手数料、解約金、違約金0円
【サニックスでんき公式サイト】
・基本料金:0円
・業界トップクラスの安さ
・電気量料金が一律なので利用する程お得に
【Looopでんき公式サイト】

・ファミリー用の新電力会社
・20000円キャッシュバックキャンペーン中
・初期費用、解約金、違約金0円
【エルピオでんき公式サイト】

 

ファミリー層に1番おすすめな新電力サービス会社は「サニックスでんき」です。

大きくプランは2つに分かれていて

サニックステラセーバー(関東、四国、中国、九州エリア)
定額プラン(中部、関西エリア)

とあり、特に四国、九州エリアでは他の新電力サービス会社よりも安くなります。

契約時の手数料や解約時の違約金などがないのでお試しで入れてみて判断するというのもアリでしょうね。

そして使用している電気代が大きければ大きい程、ポイントの貯まる「楽天カード」などでの支払いをすることでお得になります。

より詳細な情報などをチェックしたい方はコチラの記事も参考にされて下さい。

関連記事

みなさんは月々の電気料金がいくらか知っていますか?またそれが料金プランを変えることで大幅に節約できることをご存知ですか? 2016年の電力の自由化を機に、既存の大手電力会社の電気料金プランからだけでなく、「新電力会社」と言われる企業の[…]

なお、それぞれ展開しているエリアがありますので詳細は公式サイトにお問い合わせ下さい。

電気代を安くするための電力会社の選び方

お住まいの地域によって、選べる電力会社(電気料金)には違いがあります。

特にENEOSでんきの様に、供給エリアが限られている電力会社に関しては、お住いの住所によって利用できません。

たくさんある新電力会社や、複雑なプランに関してはなかなか自力で探すのは難しいと言えます。

実際に年間どれだけ電気料金が安くなる?自分に合ってるプランは結局どこなの!?と気になった方は、実際に電気料金比較シュミレーターでチェックしてみるといいでしょう。

\今すぐシミュレーションをする/

エネチェンジで新電力会社を一括比較

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニチデンは電気使用量が多い家庭の方や、旅行が好きな方にとっては良い新電力会社の一つだということが分かっていただけたのではないでしょうか?

全国をほぼ全域にサポートしているため、どこからでも契約しやすいというのも一つの強みとも言えます。

もちろん、メリットだけでなく、デメリットも多くありますが、それを釣り合わせて考えてみてもいいと思いますよ。

今回の記事が今後の電力会社を決める際の参考になりましたら幸いです。

ニチデン 公式サイトへ