ENEOSでんきのメリット・デメリットを口コミ・評判から比較

  • 2020年3月4日
  • 2020年6月28日
  • 電気

「電力自由化」によって、新しい電力に乗り換えようとしている人たちも大勢います。大事なのは、新電力に対してのノウハウです。

新電力に対しては、メリットもありデメリットもあるので、電力に対しての知識がないまま乗り換えをしてしまえば損してしまうケースもあります。

そこで今回はENEOSでんきにスポットを当てました。

結論から申し上げますと、東京電力と比較したときにENEOSでんきは120kWh以上使用する方々におすすめで、電気を多く使用する程お得感を感じる仕組みになっています。

この記事では、ENEOSでんきのメリットやデメリット、実際に使っている人の口コミなどからENEOSでんきの魅力についてご紹介します。

Amazonギフト5000円
プレゼントキャンペーン開催中

ENEOSでんき公式サイトへ

 

目次

『ENEOSでんき』とは?

ここではENEOSでんきの会社概要を紹介していきます。

ENEOSでんきの基本情報

会社概要
社名 JXTGエネルギー株式会社
代表者 代表取締役社長 大田 勝幸
所在地 〒100-8162 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
設立 1888年(明治21年)5月10日
事業内容 エネルギー事業、石油・天然ガス開発事業など
資本金 300億円
URL https://www.noe.jxtg-group.co.jp//
電話(平日09:00~17:00) 0120-56-8704

以上が会社概要となります。次の項目ではこの電力会社の特徴について説明していきます。

ENEOSでんきの特徴

ENEOSでんきは、 国内で運営している石油元売り企業として最大級のJXホールディングスの傘下、 JXエネルギーが行っています。

しかし実際JXエネルギーはそれ程知名度が高いという訳ではありませんので、それよりもガソリンスタンド営業で知名度をもっている「ENEOS」のブランドを名乗ることにより、より多くの人たちに存在をアピールしています。

またENEOSでんきは、自社による発電所は国内トップクラスです。

中には、発電所なしで電力事業を行っている小売電気事業者も存在している中、自社での発電所を多く所有していることは、あなたの選択肢としても大きなセールスポイントになりうることでしょう。

ENEOSでんきでは、 川崎天然ガス発電所、鹿島製油所、 川崎バイオマス発電所と言った発電所を全国規模で所有しています。

  • 川崎天然ガス発電所 発電規模:80万kW
  • 鹿島製油所 発電規模:10万kW
  • 川崎バイオマス発電所 発電規模:2.8万kW

更にENEOSでんきの特徴として、太陽光・風力・水力と言った再生可能エネルギーによる発電所も全国各地で所有をしています。

ですから、どのような時でもバランスのいい電力が提供される要素が整っているということが出来ます。

ENEOSでんきは、 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・静岡県の一部(富士川以東)において電力の提供がされています。

今後は、エリアもどんどん拡大して、もっと強力な電力システムが構築されていくことでしょう。

 

ENEOSでんき料金プランまとめ

ENEOSでんきの料金プランは、「基本料金」+「従量料金」プラスα「燃料調整額」+「再生可能エネルギー賦課金」の構成でなりたっています。

更に、「オプションメニュー」が存在し、あなたの選択肢によって、より料金を安くすることが出来るでしょう。

基本料金

基本料金に対しては、アンペア数に対して、料金の違いがあります。

契約アンペア数 基本料金
10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1123.20円
50A 1404.00円
60A 1684.80円
6kVA 280.80円

従量料金

従量料金は、以下のような料金システムをとっています。

電気量料金 単価 東京電力 ENEOSでんき
120kWhまで 1kWhあたり 19円52銭 20円76銭
120kWh~300kWhまで 1kWhあたり 26円00銭 23円26銭
300kWh以上 1kWhあたり 30円02銭 25円75銭

値引率は、 東京電力と比較をして120kWhまでが6%UP 、 120kWh~300kWhまでは10%OFF、 300kWh以上も東京電力と比較をして14%OFFの料金で利用することが出来ます。

一般的にはどの小売り電気事業者でも、多く電気を使用する程お得感を体験することが出来ます。

ですから誰もがENEOSでんきに乗り換えしようというモチベーションではなく、もしも電気代が毎月10,000円以下程度というのなら、東京電力のままがいいという時もあるということを理解する必要があります。

にねんとく2割

オプションメニューでは、「にねんとく2割」というものがあります。

1年目から2年目は1kWあたり0.20円割引してもらうことが出来、3年目以降に対しては、 1kWhあたり0.30円割引が提供されています。

Amazonギフト5000円
プレゼントキャンペーン開催中

ENEOSでんき公式サイトへ

ENEOSでんきの特典

Tポイント

更に、ENEOSでんきをおすすめしたい理由は、「Tポイント」を貯めることが出来ることです。

インターネットからTポイントの手続きを完了すれば、電気を使用すれば 200円につき1ポイントゲットすることが出来ます!

もちろんポイントが貯まれば、自由にコンビニ・書店・ドラッグストア・ホテル・ネットショップと言った場所で使うことが出来、まさにダブルのお得の体験です。

ガソリンスタンドの特典

更にENEOSでんきでは本業のガソリンスタンドでの特典も期待することが出来ます。

例えばあなたが、ENEOSカードC・NICOS ENEOSカードCB・シナジーカードをお持ちなら、毎月のカード利用料金に応じて、ソリン、軽油料金を最大1リッター当たり7円引きのメリットを得ることが出来ます。

  1. ENEOSカードS
    ガソリン・軽油料金が2円/ L引き
    灯油料金が1円/L引き
    ※サービスステーションでの支払い
  2. ENEOSカードP
    ENEOSの利用で、1000円ごと30ポイント還元
  3. ENEOSカードS
    ENEOSカードPともに、SS以外の支払いでは、1000円ごと6ポイント還元

更に、ENEOSカードで電気料金の支払いをすれば、1リッター当たり1円引きのお得な体験をすることが出来ます。

 

『ENEOSでんき』のエリア別の料金比較

ENEOSでんきでは一般向けのプランがエリア別に用意されていますが、実際の料金はどのくらい変わってくるでしょうか?

ということで、各世帯ごとの平均使用量でシュミュレーションしてみましょう。
比較対象はENEOSでんきの一般向けプランと、最も利用者の多い従量電灯B(一部電灯A)です。

※2020年3月時点での情報です。

ENEOSでんきと東京電力(関東エリア)を比較

電気料金比較
使用電力量
ENEOS東京Vプラン 東京電力従量電灯B
100kWh
1人世帯(20A)
2560(料金同じ) 2560円
200kWh
1〜2人世帯(30A)
5206円(155円安い) 5361円
300kWh
2〜3人世帯(30A)
7660円(349円安い) 8009円
400kWh
3〜4人世帯(40A)
10568円(784円安い) 11352円

ENEOSでんきと東北電力を比較

電気料金比較
使用電力量
ENEOS東北B/Cプラン 東北電力従量電灯B
100kWh
1人世帯(20A)
2498円(20円安い) 2518円
200kWh
1〜2人世帯(30A)
5149円(95円安い) 5245円
300kWh
2〜3人世帯(30A)
7592円(187円安い) 7779円
400kWh
3〜4人世帯(40A)
10645円(392円安い) 11037円

ENEOSでんきと中部電力を比較

電気料金比較
使用電力量
ENEOS中部B/Cプラン 中部電力従量電灯B
100kWh
1人世帯(20A)
2657円(22円安い) 2679円
200kWh
1〜2人世帯(30A)
5341円(88円安い) 5429円
300kWh
2〜3人世帯(30A)
7818円(163円安い) 7983円
400kWh
3〜4人世帯(40A)
10753円(365円安い) 11118円

ENEOSでんきと北陸電力を比較

※北陸エリアでの提供開始は2020年春以降の予定となっています。

ENEOSでんきと九州電力を比較

※九州エリアでの提供開始は2020年春以降の予定となっています。

ENEOSでんきと関西電力を比較

電気料金比較
使用電力量
ENEOS関西A/Bプラン 関西電力従量電灯A
100kWh
1人世帯
2011円(56円安い) 2068円
200kWh
1〜2人世帯
4336円(201円安い) 4538円
300kWh
2〜3人世帯
6735円(383円安い) 7118円
400kWh
3〜4人世帯
9415円(632円安い) 10047円

※関西電力エリアは一般家庭向けの「従量電灯A」で計算しています。

ENEOSでんきと四国電力を比較

電気料金比較
使用電力量
ENEOS四国A/Bプラン 四国電力従量電灯A
100kWh
1人世帯
2223円(1円安い) 2224円
200kWh
1〜2人世帯
4703円(87円安い) 4790円
300kWh
2〜3人世帯
7295円(194円安い) 7489円
400kWh
3〜4人世帯
10086円(453円安い) 10539円

※四国電力エリアは一般家庭向けの「従量電灯A」で計算しています。

ENEOSでんきと中国電力を比較

※北陸エリアでの提供開始は2020年6月以降の予定となっています。

以上がエリア別のENEOSでんきのプランに切り替えた時の料金比較となっています。

エリア・地域によっては契約できないこともありますので、まずは問い合わせてみるのをおすすめします。

『ENEOSでんき』の特典やキャンペーン情報

ENEOSでんきでは2020年3月31日まで、新規申込者を対象に基本料金が3ヶ月間無料となる『ENEOSでんき』キャンペーンを実施しています。
供給開始月の翌々月から3ヶ月間の基本料金が無料となるおトクなキャンペーンとなっているので、乗り換えを考えている人はチェックしておきましょう。

キャンペーンの適用条件
2020年2月1日から2020年3月31日までの間に「ENEOSでんき(エリア別プラン)」の新規申込が完了していること
2020年6月30日までに「ENEOSでんき」の供給を開始していること

以上の2項目を全て満たすことで、キャンペーン割引が適用されます。

申込みは2020年3月31日までWEB申し込みとなっています。

↓キャンペーンの詳細は以下のリンク先より確認することができます。
「ENEOSでんき」キャンペーンの詳細をみる(公式ページへ)

筆者
期間限定でのキャンペーンとなっているのでお見逃しなく♪

ENEOSでんきのメリットとデメリット

本当にENEOSでんきがおすすめ出来る新電力なのか、判断はまだまだこれからです。

ENEOSでんきのメリットとデメリットをまとめていきますので、ご自身にあっているプランかどうかを考えながらお読みください。

メリット:自社の発電所を持つ強み

ENEOSでんきのメリットといえば、やっぱり自社の発電所を数多く持つ強みです。

様々な小売り電気事業者があって、あなたも現在どこにしようかということを迷っているでしょう。

小売り電気事業者は、あなたにここで電気を利用して欲しいから、安い電気料金で提供しようという企業競争が起きます。

今後、企業競争はもっと過熱化していくことでしょう。

そのようなとき、自社で発電所を持っていない小売り電気事業者では、どうしても高い料金で提供しなければならない厳しい現実を突きつけられることになります。

最終的に価格競争に勝つことが出来る企業は、やっぱりENEOSでんきのように自社の発電所を持つ会社になります。

メリット:料金シュミレーションを利用出来る

ENEOSでんきでは、公式ホームページで、料金シュミレーションを利用することが出来ます。電気料金の検針票をお持ちなら簡単にシミュレーションすることが出来るので是非一度体験してみましょう。新電力乗り換えのモチベーションも具体的にすることが出来ます。

デメリット:供給範囲が限られている

ENEOSでんきを利用したいと思っているものの残念ながら、利用することが出来ないエリアの方々もいます。

ENEOSでんきを利用することが出来る人たちは、東京電力を利用することが出来るエリアの人たちだけです。

全国にあるENEOSのガソリンスタンドをよく利用するから、電気もENEOSにしてお得にしよう!と思っても、残念ながらその恩恵を受けられないエリアの方が多いです。

デメリット:電気料金が安い

一般的にはどの小売り電気事業者でも、多く電気を使用する程お得感を体験することが出来ます。

ENEOSでんきもしかりで、多く利用する人ほど割引率が上がるように設定されています。

もしも電気代が毎月10,000円以下程度という場合は、乗り換えてもそこまでの割引を感じることは出来ません。

少量の電気しか使わない家庭の場合は、先程ご紹介したTポイントカードやENEOSカードなどと併用した割引をおすすめします。

デメリット:解約時に違約金が発生する

更にENEOSでんきを契約すれば、解約しようとするとき違約金が発生してしまうことがあるので注意が必要です。

「Vプラン」というのは極々ノーマルなプランなので解約して違約金が発生することはありません。

しかし問題は「にねんとく2割」です。にねんとく2割では、もしなんらかの事情があって2年以内に解約しなければならない事態のとき、1,080円の違約金が発生してしまいます。

そもそも新電力のメリットはあなたにとって自由性がもたらされることではないでしょうか。

しかしいざ解約しようとしたときに、違約金が発生してしまうなんて、何のために乗り換えたのか分からなくなってしまいます。

デメリット:オール電化に対応したプランがない

更に、 あなたがオール電化住宅に住んでいる場合には、オール電化向けのプランを契約しようと考えるでしょう。

オール電化向けのプランというものは、夜間の電気代を割安で利用することが出来たり、 深夜に稼働し熱量を溜め込むメリットを大いに活かすことが出来るプラン設定です。

しかし、ENEOSでんきに注目しても、オール電化向けプランというものは見つけることが出来ません。

あなたがオール電化という場合は、ENEOSでんきの乗り換えではメリットは体感出来ないかもしれません。

 

ENEOSでんきの口コミ

ここまでENEOSでんきの料金プランや、特徴、メリット・デメリットについてご紹介してきました。

しかし気になるのは実際に使っているユーザーさんの声ではないでしょうか?

この章ではENEOSでんきに関する口コミをまとめていきますので、「実際のところはどうなんだろう?」という方はご参考になさってください。

ENEOSでんきのいい口コミ

37歳女性
実際にENEOSでんきにして、それ程大きな感動はなかったという人たちもいるようですが、 私の場合、単純に東京電力よりも安くすることが出来ましたよ。

37歳 女性

数字というものは具体的なので、実感はすぐにすることが出来ます。

東京電力とENEOSでんきの違いは「従量料金」です。にねんとく2割のオプションを選択すれば、0.2円/1kWh 従量料金を確実に安くすることが出来ますよ。

また3年以上契約すると、0.3円/1kWhまで安くすることが出来ます。

ですから、ENEOSでんきさんとは長くおつきあいするというのがいいでしょう。

55歳 自営業
私達は給油でENEOSを使用しているので、ENEOSでんきでよりお得な体験をすることが出来ました。
ENEOSでんきを利用すれば、プラスα給油代を安くすることが出来ますよ。

ENEOSでのガソリン・灯油・軽油代が1円/リットル値引きを実現!まさにこれが私達の生活の知恵ではないでしょうか。

ENEOSでんきの悪い口コミ

46歳女性
私は、少しでも、電気料金を安くしようと思ってENEOSでんきにしたのですが、そもそも使用量が少ないからそれ程メリットは痛感出来ませんでした。

結局乗り換えしただけ面倒くさい……という感じでしょうか。

専業主婦
ENEOSでんきって非常に知名度が高いので、乗り換えしようというモチベーションが起こりました。
しかし、私達は、もっと小売り電気事業者を比較してみるべきでしょう。

私にとっては、ENEOSでんきではなく他の小売り電気事業者がいいということがあります。

一度、乗り換えしてしまえば面倒くさくてそのままにしておく人たちも多いのではないでしょうか。

 

ENEOSでんきと他のサービスの料金比較

ENEOSでんき
(関東)
東京電力 Looopでんき
(東京)
100kWh
(1人世帯・20A)
2513円 2513.6円 2600円
200kWh
(1~2人世帯・30A)
5112円 5264.8円 5200円
300kWh
(2~3人世帯・30A)
7521円 7864.8円 7800円
400kWh
(3~4人世帯・40A)
10376.8円 11147.6円 10400円
500kWh
(3~4人世帯・40A)
12951.8円 14149.6円 13000円
600kWh
(4~5人世帯・50A)
15807.6円 17432.4円 15600円

東京電力と比較して、多く使用する程ENEOSでんきにはお得感が出てきます。

しかし東京電力にもいろいろなプランがあります。

一定の使用量までは定額、それ以上はお得になる「プレミアムS(東京エリア)」「プレミアムL(東京エリア)」や様々な生活スタイルに合った標準的プラン「スタンダードS(東京エリア)」 「スタンダードL(東京エリア)」、また「夜トク」「スマートライフ」プランなどがありますので、ご自身の生活スタイルにあったプランを探して比較をするのが重要です。

電気の使用量が多くなると、東京電力よりもENEOSでんきの方がお得になりますが、同じ様に使用量が多いお家にオススメなのがLooopでんきです。

いろいろ小売り電気事業者がありますが、ENEOSでんきは最安水準だということは間違いありません。

しかしLooopでんきは、どれだけ使っても基本料金0円を実現しています。従量料金は一律26円ですが基本料金が0円なので、結果的にLooopでんきの方が安くなるケースがあります。

契約期間の縛り、違約金・解約金・解約手数料なしというのもLooopでんきのセールスポイントです。

ENEOSでんきは、電気をあまり使わないでもガソリンの割引やポイントのために契約しているという方々もいます。

それでも十分ENEOSでんきは利用価値を持っているのではないでしょうか。

Amazonギフト5000円
プレゼントキャンペーン開催中

ENEOSでんき公式サイトへ

 

電気代を安くするための電力会社の選び方

お住まいの地域によって、選べる電力会社(電気料金)には違いがあります。

特にENEOSでんきの様に、供給エリアが限られている電力会社に関しては、お住いの住所によっては利用できません。

たくさんある新電力会社や、複雑なプランに関してはなかなか自力で探すのは難しいと言えます。

ただ、自分が利用している電力量やプランを把握しておけば、ベストな選択がいつでもできるようになります。

そのためには、まず基礎知識や電力会社を選ぶポイントを知っておくのが1番です。

下記に「失敗しない新電力会社の選び方マニュアル」を掲載していますので、チェックされてみてください。

関連記事

毎月使う電気ですが「電気代が高いなあ」とか「もう少し光熱費を抑えられたらいいのに…」と感じることはありませんか? 実は2016年から電力の小売り自由化がスタートし、料金は書く電力会社によってまちまちなため、相場よりも高くなってしまって[…]

おすすめの新電力会社

今、おすすめできる新電力会社を3社を紹介します。

それぞれ特徴があるのでENEOSでんきとあわせてチェックしてみるのをおすすめします。

『ENEOSでんき』の申し込みから開通までの流れ

ENEOSでんきの契約方法は

WEBからの申し込み
電話での申し込み

の2つがあります。
WEB申し込みならスマホやPCから5分程度で完了させることができますよ。

必要なもの
・検針票(料金明細書)
・クレジットカード情報または口座情報

※検針票がお手元にない場合、現在契約中の電力会社に問い合わせて「お客様番号」「供給地点特定番号」「料金プラン名」を教えてもらってください。

WEBで簡単に申し込む方法

ここでは公式サイトからの申し込み方法を紹介していきます。

まずは公式サイトにいき、下の方に表示される「申込みはこちら」のところをクリックしましょう。

クリックすると約款の同意を経て、申し込みフォームの入力画面になります。

主な入力項目は以下の通りとなっています。

・申込情報
・支払情報
・検針票情報

以上の情報を入力した後、登録したメールアドレス宛に連絡がきますので、その案内に沿って契約を完了させましょう。

電話での申し込み先

電話での申し込みですが、ENEOSでんきの公式サイトにある

・電話申込
・お電話相談:0120-77-8704

からできます。

電話からの申し込みでも「検針票」が必要となりますので、準備してから連絡します。

『ENEOSでんき』のQ&A

ここではENEOSでんきでよくある質問をまとめてみました。

契約する際の参考にされて下さい。

Q:「ENEOSでんき」の給電エリアを教えて下さい

筆者
東北エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、四国エリアで給電対応しています。未対応エリアについても、今後も順次拡大予定となっています。

Q:なぜ「ENEOSでんき」にするとおトクになるのですか?

筆者
JXTGエネルギーでは自社電源を保有しており、低廉なベース電源と需給を調整するミドル電源の組み合わせにより、コストを抑えた給電方式を実現しています。

Q:「ENEOSでんき」の支払い方法を教えて下さい

筆者
支払い方法はクレジットカード決済、もしくは口座振替のいずれかとなります。支払い方法はお客様ページでの変更も可能です。

Q:スマートメーターがなくても「ENEOSでんき」に切り替えられますか?

筆者
可能です。地域の一般送配電事業者が、新電力に切り替えた方を優先的に、スマートメーター取り付けを行う方針となっています。

まとめ

いかがでしょうか。ENEOSでんきにはデメリットも存在しています。

しかし、全部の小売り電気事業者にデメリットはあると言っていいでしょう。

そのような意味でも総合評価をしてENEOSでんきはいろいろある小売り電気事業者の中でトップクラスともいうことが出来ます。

特にご家族で住んでいたり、ペットと住んでいて毎月の電気使用量が多い方は、これを機に料金見直しをしてみてはいかがでしょうか?

Amazonギフト5000円
プレゼントキャンペーン開催中

ENEOSでんき公式サイトへ