若松ガスの料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

皆さんはガス会社と契約する場合、どのような観点から契約するガス会社を選定しましたか?

「今契約しているのがこの会社なんだけど料金が少し高いな、みんなどう思ってるんだろう?」「ガス会社を変更しようと思っているけど、この会社の評判ってどうなんだろう?」「今契約しているこの会社の料金が高いけど、料金プランってどうなんだろう?」などと様々な疑問があると思います。

結論からお伝えすると若松ガスの料金は、使用量によっては割高となってしまいます。

ですのでお使いになっていて、高いと感じられる方は乗り換えをオススメします。

そこで今回は、若松ガスの料金や福島県のガス料金の相場について詳しく紹介しますので最後までお読み下さい。

\30秒でできる!ガスの見直し!/

【エネピ】で簡単・無料料金診断をしてみる

若松ガスの料金について

若松ガスではプロパンガス(LPガス)電気などのサービスを提供しています。

それでは、それぞれどの様な料金プランがあるのか、具体的な紹介に移ります。

若松ガスのプロパンガス(LPガス)料金プラン

若松ガスではプロパンガス(LPガス)において、スライド式の料金形態を採用しています。

スライド式のガス料金は、基本料金従量料金で構成されます。

ガススライド料金制

基本料金:毎月固定で請求される金額、家のタイプによって異なります
従量料金:使用したガスの量に応じて請求されるもので、料金単価は数段階に分かれています。

使用したガスの量が多いほど、ガスの単価が下がるように設定されています。
※1m3ごとの従量単価は後ほどご紹介します。

筆者

使用量が多いご家庭では単価が安くなるので基本的に割安で利用可能ですが、使用量が少ないご家庭では、単価が高くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

なので、ご家庭の使用量が少ない方にはあまりオススメできる料金形態ではないと言えるので乗り換えの方も視野に入れて検討してみて下さい。

若松ガスの料金プランは地域によって多少異なりますので、より具体的な料金プランの説明に移っていきます。

会津地域に対応したプラン

会津地域にお住まいの方向けの料金プランです。

1カ月当たりの料金は以下の様になります。

戸建の標準料金プラン

基本料金 1500円
従量料金 0.0〜5.0m3 550円/m3
5.1〜10.0m3 520円/m3
10.1〜20.0m3 490円/m3
21.1〜30.0m3 460円/m3
30.1m3〜 430円/m3

集合住宅の標準料金プラン

基本料金 1800円
従量料金 0.0〜5.0m3 550円/m3
5.1〜10.0m3 520円/m3
10.1〜20.0m3 490円/m3
21.1〜30.0m3 460円/m3
30.1m3〜 430円/m3

引用元:若松ガス公式HP
※実際に請求される金額は上の料金に消費税を上乗せした金額となります。

戸建と集合住宅の違いは基本料金が毎月300円差があることだけで、あとの料金は等しくなっています。

実際に使用した時の料金を、戸建でプロパンガスの使用量がひと月に10.0m3のご家庭を、例として計算してみます。

ガス料金=基本料金+従量料金
=1500+(550×5+520×5)
=6850

となるので支払い金額は6850円となります。
※実際は6850円に消費税を上乗せした金額となります。

この金額は安いと思いますか?それとも高いと思いますか?

そこで気になってくるのは、福島県の平均的なガス料金ですよね?

実は、若松ガスのプロパンガス料金は福島県の平均ガス料金と比べると使用量によっては割高となっています。

福島県の平均額については後ほど紹介しますので最後までお読み下さい。

中通り地域に対応したプラン

中通り地域にお住まいの方向けの料金プランです。

戸建の標準料金プラン

基本料金 1500円
従量料金 0.0〜5.0m3 570円/m3
5.1〜10.0m3 540円/m3
10.1〜20.0m3 510円/m3
21.1〜30.0m3 480円/m3
30.1m3〜 450円/m3

集合住宅の標準料金プラン

基本料金 2000円
従量料金 0.0〜5.0m3 570円/m3
5.1〜10.0m3 540円/m3
10.1〜20.0m3 510円/m3
21.1〜30.0m3 480円/m3
30.1m3〜 450円/m3

引用元:若松ガス公式HP
※実際に請求される金額は上の料金に消費税を上乗せした金額となります。

戸建と集合住宅との違いは基本料金に500円の差があることだけで、あとの料金は等しくなっています。

ここでも、実際に使用した時の料金を、戸建でプロパンガスの使用量がひと月に10.0m3のご家庭を、例として計算してみます。

ガス料金=基本料金+従量料金
=1500+(570×5+540×5)
=7050

となるので支払い金額は7050円となります。
※実際の金額は7050円に消費税を上乗せした金額となります。

やはり、結論からお伝えすると、若松ガスの料金は使用量が少量であるご家庭では割高となってしまう可能性があります。

後ほど、その根拠を福島県のガス料金の平均額と比べることによって証明しますので最後までお読み下さい。

若松ガスの灯油料金プラン

若松ガスでは、灯油の販売・配達を行なっています。

ですが、公式サイト、SNS、個人運用ブログなどで調べてみた結果、灯油の価格に関しては明確な答えを得られなかったので電話で確認しました。

問合せの結果、地域によって異なりますが大体ポリ缶1Lで93円くらいが相場という答えをもらいました。

また、配達エリアは会津若松市、喜多方市、会津坂下町、湯川村、会津美里町とのことです。

詳しい価格が気になる方は、一度電話で聞いてみることをオススメします。

若松ガス電話番号はコチラをご参照ください。
※地域によって問合せ先が異なります。

また、灯油に関する様々なサービスも行っているようなので追記していきます。

定期巡回配送サービス

定期巡回配送サービスは、電話でいちいち連絡を取らなくても、定期的に訪問してホームタンクに巡回給油してくれるサービスとなります。

このサービスは、面倒が省けるので大助かりだと思います。

仕事で忙しく時間のない人や一人暮らしの人なんかも有効活用できるサービスではないでしょうか?。

電話注文宅配サービス

こちらのサービスは、フリーダイヤルにて灯油配達の注文をすることが出来ます。

※前日注文・翌日配達となります。
※日曜日、祝日は原則的に翌営業日の配達となります。

灯油の使用量がそこまで多くない方は、電話で灯油の注文をするプランの方が安くなる可能性があります。

なので是非、灯油の注文を希望する方は電話で確認してみることをオススメします。

高層階配達も可能

若松ガスの灯油配達サービスは高層配達にも対応してくれます。

ですが、別途でポリ缶1本につき108円(税込)がかかってしまいます。

ですが、100円程度で高層配達までしてくれるのなら、利用してみる価値は十分にあると思います。

 

料金相場から適正価格をチェック

若松ガスのガス料金は先述した通りとなります。

重要なのはその料金を福島県の相場価格と比較した場合、安いのか?それとも高いのか?という点だと思います。

ここからは石油情報センターのデータを参考に、平均的な福島県のガス料金と若松ガスを比較していきますので参考にして下さい。

LPガスの請求書や平均額の参照方法はコチラをご参照ください。

若松ガスのLPガスの料金を比較

会津地域の料金比較

福島県LPガス平均価格 若松ガス
基本料金 1821円 戸建住宅1620円
集合住宅1944円
5m3使用時 4989円 戸建住宅:4590円
集合住宅:4914円
10m3使用時 8131円 戸建住宅:7398円
集合住宅:7722円
20m3使用時 14119円 戸建住宅:12690円
集合住宅:13014円

※引用元:石油情報センター(2019年2月データ)
※引用元:若松ガス公式サイト(2018年2月データ)

中通り地域の料金比較

福島県LPガス平均価格 若松ガス
基本料金 1821円 \戸建住宅:1620円
集合住宅:1944円
5m3使用時 4989円 戸建住宅:4590円
集合住宅:4914円
10m3使用時 8131円 戸建住宅:7398円
集合住宅:7722円
20m3使用時 14119円 戸建住宅:12690円
集合住宅:13014円

※引用元:石油情報センター(2019年2月データ)
※引用元:若松ガス公式サイト(2018年2月データ)

相場と同じくらいの料金体であることが分かりました。

しかしスライド式の料金制の為、やはり少量しか使わない家庭では平均料金と同じ~少し高いという結果になっています。

そして比較相手の福島県のLPガスの平均価格はあくまで平均なので、ここよりも高い会社もあれば、平均よりグンと安いガス会社もあるということです。

ガスの請求書(検針票)にある情報を入力するとあなたのご自宅のプロパンガスの適正価格が見られるので、ぜひご参照ください。

\30秒でできる!ガスの見直し!/

【エネピ】で簡単・無料料金診断をしてみる

若松ガスの灯油料金を比較

灯油料金に関しては、地域によってばらつきはありますが、ガスリンスタンドで購入するのと大差ないのかな?という印象です。

ですが、若松ガスで購入すると配達サービスなども充実しているので利用してみるのもいいかもしれません。

なので、詳しい料金に関しては、一度公式HPサイトの方から電話で問い合わせてみることをオススメします。

若松ガス公式サイト

 

若松ガスの口コミ・評判

それでは、若松ガスをご利用の皆さんの口コミを集めてみました。

参考までにご覧下さい。

この方は怒りがはっきり伝わってくるツイートをしてますね。

ですが、福島県のガス平均価格よりは少し割高ではありますが、このようにかなり高い!と感じる方もいらっしゃるようです。

この様なツイートも発見したので、少し心配ではあります。

 

若松ガスの特徴

ここではまず会社概要を掲載します。

若松ガスは福島県のガス会社です。

設立:1959年(昭和34年)8月

本社所在地:〒965-0817 福島県会津若松市千石町4番16号

資本金470,000千円(昭和シェル石油株式会社97.85%出資)

筆者

歴史の長いガス会社で、資本金も地域のガス会社としては大きいので、簡単につぶれるようなガス会社ではないと言えますね。

営業拠点

  • 本社〒965-0817福島県会津若松市千石町4番16号
    Tel 0242-28-1311 Fax 0242-28-3339
  • 若松支店〒965-0817福島県会津若松市千石町4番16号
    Tel 0242-28-1311 Fax 0242-28-4252
  • 福島支店〒960-1107福島県福島市上鳥渡字街道南25番1号
    Tel 024-545-2118 Fax 024-545-2120
  • 郡山支店〒963-0102福島県郡山市安積町笹川字彼岸塚23-13
    Tel 024-946-0011 Fax 024-946-5
  • 猪苗代支店〒969-3132福島県耶麻郡猪苗代町堅田字門上1170-6
    Tel 0242-62-4751 Fax 0242-62-4752
  • 坂下支店〒969-6505福島県河沼郡会津坂下町新舘字大西578
    Tel 0242-83-0255 Fax 0242-83-0256

取扱商品

  • 都市ガス(会津若松市内のみ)
  • プロパンガス
  • 高圧ガス
  • 灯油
  • 重油・ガス器具
  • 石油器具・各種ガス工事
  • 住宅リフォーム事業
  • 太陽光発電・電力販売
  • カラーアスファルト

あなた

LPガスや灯油以外にもいろいろなサービスを展開しているんだね~!

若松ガスのメリット

ここでは若松ガスをご利用になる上でのメリットを簡潔に紹介していきます。

  • 長年の運営実績から信頼感や安心感は大きい
  • ガスとセットで灯油を購入出来る
  • 手厚いサポート体制(電話での問い合わせ対応)
  • ガス使用量が多いご家庭では割安で利用可能

この様なところです。

他にも人によっては、様々なメリットを感じられるかと思いますが、大きなウェイトを占めているのは上記の4点だと思います。

若松ガスのデメリット

ここでは若松ガスをご利用になる上でのデメリット簡潔にを紹介します。

  • 使用量が少ないご家庭ではガス料金が割高になる可能性がある。
  • 24時間対応していない

ガス料金が割高になってしまう可能性が高いです。

対応自体は丁寧になのですが、24時間体制のサポートがないので、連絡が取りずらいのが難点ですね。

若松ガスのキャンペーン情報

若松ガスは現在、下記のキャンペーンを行っております。

【新型コロナウイルス感染拡大に伴うガス料金の特別措置について】

新型コロナウイルス感染症の影響により、ガス料金の支払いが困難な事情にある方に対しまして、支払期限の延長の特別措置を講ずることといたします。

【対象となる内容と期間】

1.適用対象者
新型コロナウイルス感染症の影響による休業および失業等で、社会福祉協議会から、生活福祉資金貸付制度「緊急小口資金」または「総合支援資金」の特例措置貸付を受けた方で、当社に申し出られたお客さま、または、今回の影響により支払いが困難である旨の申し出があり、一時的にガス料金の支払いが困難であると当社が判断したお客さま

2. 特別措置の内容
適 用 月:2020年2、3、4、月検針分、5月検針分
適用内容:各月のガス料金支払期日の2ケ月延長

【お問い合わせ先】

各支店の料金担当までお問い合わせください
【若松支 店】0242-28-1420(直通)
【福島支 店】024-545-2118
【郡山支 店】024-946-0011
【猪苗代支店】0242-62-4751
【坂下支 店】0242-83-0255
電話対応受付時間:8:30~17:30(土・日・祝日を除く)
※当社ホームページお問い合わせフォーム 若松ガス お客様問い合わせ

 

LPガス料金をお得に契約する方法

引越す際、特に賃貸などではLPガスの指定があります。

LPガスはどこでも使えて尚且つ災害に強いと言ったメリットがありますが、都市ガスと比較すると料金が高く、あまり良いイメージがありません。

そんなLPガスですが、実は料金を見直す事で通常より安く抑えることができます。

ここではLPガスの乗り換えサービスについて3社ほどご紹介したい思います。

ガス会社を切り替えで電気代もお得にする方法

もし、ガスの切り替えをされるなら、あわせて「電気料金の見直し」もあわせてするのをおすすめします!

2016年4月に電気の小売りが全面自由化され、ガスだけでなく電力会社も自由に選べるようになりました。

それにより、月々の電気料金が安くできることが可能になったのです。

ガス会社によってはガスと電気、両方を取り扱っていて「まとめて契約」をされている場合もあります。

そうだった場合、ガスの切り替えと同時に電気をどうするかも考えなくてはいけません。

また、ガスと電気、それぞれ契約している場合でも一度見直しをしてみるのをおすすめします。

両方あわせて見直すことで、さらに月々の固定費を減らすことができるかも知れないからです。

注意事項はいくつかありますが、それもガスと同じく、電気に関してもあなたに合った電力会社を教えてくれる、乗り換えサービスの会社があります。

オススメの電力会社比較サイトと、全国展開している人気の新電力の会社をご紹介したいと思います。

電力会社を切り替える時の注意事項

電力会社を切り替えようとした時にいくつか注意点がありますのでお伝えします。

電力会社には対応できるエリアがある
スマートメーターの導入が必要
賃貸マンションなどは大家や自治会の承認が必要な場合がある

順番に解説していきますと…

電力会社には対応できるエリアがある
いくら電気料金を安くしてくれる会社を見つけたとしても、エリア外であった場合、その電力会社を利用することはできません。

なので、まずは

その電力会社は自分の住んでいるところを対象エリアをしているか?

をチェックされてから相談するようにしましょう。

スマートメーターの導入が必要
電力契約を切り替える際にはスマートメーターの設置が必要となります。

まだスマートメーターがついていない場合は、新しい電力会社と契約する際にスマートメーターを取りつけることができます。

設置されていない場合、工事が必要になりますが契約者が負担する費用はありませんし、立ち合いも不要です。

賃貸マンションなどは大家や自治会の承認が必要な場合がある
こちらはガスと同じく大家さんが一括契約(高圧一括受電契約)をしている場合、個人で切り替えることは難しいです。

もし、切り替える場合は一度、大家さんや管理会社に相談するのがいいでしょう。

 

まとめ

上記の内容をまとめると、若松ガスは長年の運営実績から、信頼感や安心感は大きいものの、ガス料金が割高になってしまう可能性がある。

特に、使用量が少ないご家庭はガス料金が福島県のガス料金相場と比べて高くなってしまう可能性が高いので、乗り換えをオススメします。

また使用量が比較的に多いご家庭でも、より安い契約先が見つかるかもしれないので一度どのガス会社と契約するのか検討することをオススメします。

\30秒でできる!ガスの見直し!/

【エネピ】で簡単・無料料金診断をしてみる