東京ガスは高い?メリット・デメリットを口コミ・評判から比較

毎日使うガスなので、できればガス代を安くしたいと思うかもしれませんね。

ガス代を節約するため、シャワー使用時間を短くしたり、圧力鍋を賢く活用したりと工夫していられるのではないでしょうか?

また今契約しているガス会社よりもガス代が安くできるなら、もっと安いガス会社に乗り換えたいと思うかもしれません。

でも手続きが複雑だとわずらわしく感じることもあるでしょう。

安くて手続きも簡単なガス会社はあるのでしょうか?

東京都で大手のガス会社と言えば東京ガスが一番安心!と考える方が多いですが、東京ガスのガス代は安いのでしょうか?

結論から言うと、東京ガスはとても高いです。

可能ならガス会社の変更をおすすめします。

この記事では、東京ガスについての基本情報から料金プラン、東京ガスのメリット・デメリットについてみていきましょう。

さらに、他のガス会社との料金の比較、口コミなどについて検討していきたいと思います。

 

東京ガスの基本情報

東京ガス株式会社は、創立年がなんと明治18年(1885年)という長い歴史を持つガス会社です。

まさに、近代の日本の発展とともに成長してきた会社、といっても過言ではありませんね。

東京エリアのガス会社=東京ガスと答えることができるほど老舗のガス会社なんですよ。

これまでは都市ガス供給の約40%を東京ガスが占めていましたが、ガスの自由化に伴い新規参入が増えているので東京ガスに非常に難しい時代になったといえます。

そのため東京ガスは2014年から電気販売の拡大を狙い、ガスの製造・供給・販売はもちろんのこと電力の製造・供給・販売に力を入れています。

さらにエンジニアリングソリューション事業、その他不動産の土地および建物の賃貸・管理等などの事業内容があります。

天然ガスを中心とした「エネルギーフロンティア企業グループ」として、「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会から常に信頼を得て発展し続けていくというすばらしい経理理念に基づいてガス・電力を供給しています。

東京ガス配給エリア

東京ガスは、首都圏を中心に1都6県(神奈川県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県)に都市ガスを供給しています。

東京都エリア
東京23区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市・武蔵村山市
神奈川県エリア
横浜市・川崎市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・相模原市・三浦市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・葉山町・寒川町・大磯町・中井町・開成町・南足柄市
埼玉県エリア
さいたま市・川口市・所沢市・上尾市・草加市・蕨市・戸田市・朝霞市・和光市・新座市・久喜市・八潮市・三郷市・蓮田市・伊奈町・白岡市・熊谷市・行田市・深谷市・鴻巣市・羽生市
千葉県エリア
千葉市・木更津市・八千代市・君津市・富津市・四街道市・袖ヶ浦市・八街市・佐倉市・印西市・白井市・成田市・富里市・酒々井町・芝山町・多古町・栄町
(四街道エリア:千葉市・四街道市)
群馬県エリア
千代田町・邑楽町・明和町
(群馬エリア:前橋市・高崎市・藤岡市・渋川市)
(群馬南エリア:高崎市・藤岡市)
栃木県エリア
宇都宮市・真岡市・上三川町・芳賀町・高根沢町・壬生町
茨城県エリア
日立市・竜ヶ崎市・牛久市・つくば市・取手市・つくばみらい市・稲敷市・利根町・阿見町・美浦村

いかがですか?

あなたが住んでいるエリアは東京ガスがカバーしているエリアでしょうか?

ここまでで東京ガスについての理解ができたと思います。次は東京ガスの料金プランについて見ていきましょう。

東京ガスは高い?料金プランまとめ

まずは東京ガスの基本料金をみてください。

基本料金 745.2円
従量料金5m3(1人暮らし) 2203.7円
従量料金10m3(2~3人暮らし) 2917円
従量料金20m3(4人暮らし) 4343.06円

東京ガスでは下記の料金プランを提示しています。

  1. 暖らんぷらん
  2. エコウィルで発電エコぷらん
  3. エネファームで発電エコぷらん
  4. ずっともガス
  5. ずっとも電気1
  6. ずっとも電気1s

1、暖らんぷらん

ガス温水床暖房を使っている人にお得な料金プランといわれています。

2、エコウィルで発電エコぷらん

エコウィルを使用している人を対象に提供している料金プランです。

12月から4月の冬の期間限定で一般料金よりも割安になっています。また年間を通じて約8%安くできます。

3、エネファームで発電エコぷらん

このぷらんはエネファームを使用している人が対象の料金プランです。

さらに床暖房と浴室暖房を使うと冬だけで13%安くなるといわれています。

4、ずっともガス

春日部市・越谷市などの東彩ガスエリアや東日本ガスエリアの我孫子市・取手市が対象です。

このプランの注意点は、ずっとも電気とセットで申し込むと特典がありますが、月に10㎥以上使用する場合、全体的に見て一般料金よりも高くなってしまいますし、基本料金も高くなります。

セットで申し込む予定のない人は避けたほうがいいでしょう。

5、ずっとも電気1

このプランはガスと電気をセットで申し込むことで料金を安くできます。

特に3人以上のご家族で、常に家にいる、ペットがいるので電気を使っているという方に向いています。

6、ずっとも電気1s

このプランのガスと電気がセットになったプランです。

特に一人暮らしや、共働きで自宅にいる時間が少ない、節約志向の方に向いていると思います。

基本料金 従量料金10m3 従量料金20m3 年間使用料金
(10m3の場合)
東京ガス一般料金 745.2円 2917円 4343.06円 35004円
暖らんぷらん
【12~4月】
745.2円 2171.8円 3598.4円 13030.8円
※半年分
暖らんぷらん
【5~11月】
745.2円 2917円 4343.06円 17502円
※半年分
エコウィルで発電エコぷらん
【12~4月】
745.2円 2171.8円 3598.4円 13030.8円
※半年分
エコウィルで発電エコぷらん
【5~11月】
745.2円 2917円 4343.06円 17502円
※半年分
エネファームで発電エコぷらん
【12~4月】
745.2円 2171.8円 3598.4円 13030.8円
※半年分
エネファームで発電エコぷらん
【5~11月】
745.2円 2173.5円 3598.8円 13041円
※半年分
ずっともガス 745.2円 2319.3円 3601・8円 27831.6円

電気とガスのセットぷらん

お徳率と年間節約額 一人
(20A/月170kwt)
二人
(20A/月348kwt)
三人
(20A/月391kwt)
ずっとも電気1 20Aの場合契約不可 -7.9%(-8793円) -8.6%(-11213円)
ずっとも電気1s -3.4%(-1700円) -5.7%(-6328円) -6.3%(-8236円)

この表から読み取れるのは、基本料金はほぼどのぷらんを選択しても変わることがありません。

また暖らんぷらんとエコウィルで発電エコぷらんはどちらも同額ですが、年間料金を基本料金と比べると約5000円弱安くなっています。

さらにずっともガスぷらんならトータル的に見て基本料金よりも約8000円安くなっていますね。

これらのプランをうまく活用してガス代をさらに安くすることもできます。

 

東京ガスのメリット・デメリットまとめ

東京ガスのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

以下をご覧ください。

東京ガスのメリット

切り替えキャンペーンがある

2019年6月17日~10月8日までに他社から東京ガスの電気に切り替えの申し込み(新規でずっとも電気に加入)をすると電気代が三か月分10%オフになるキャンペーンを実施しています。

三か月分の電気代が安くなるということは一年の4分の一が安くなるのでお得ですよ。

ガスと電気を見直す人はぜひこの機会に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

口座振替割引がある

東京ガスでは口座振替による支払いを行う場合、毎月口座振替割引として54円(税込)の割引があります。年間で648円の割引ですので支払い方法を口座振替にするといいですね。

注意点として、一ヶ月の使用料金が1500円未満の場合翌月と合算されて請求されます。

急に請求額が高くなった場合はこういう点もあるので確認してくださいね。

東京ガスのデメリット

「MyTokyoGas」の更新が遅い

東京ガスでは自宅で使用する電気量を30分ごとにグラフで確認できる「MyTokyoGas」というサービスがありますが、更新される速度がとても遅いのが難点です。

普通ならその場で確認して節約するというのが本来の目的ですが、更新されるのが一日半後なので意味がありません。

この点が改善されることを期待します。

 

東京ガスと他社を徹底比較

では他社との比較を行っていきましょう。

特に気になる東京ガスと他社との料金の比較は以下のようになりました。

東京ガスと他社の料金比較

東京都内で人気のあるガス会社auガスとイーレックス株式会社を東京ガスと比較してみました。

ガス会社名 基本料金 従量料金(5m3) 従量料金(10m3) 従量料金(20m3)
auガス 722.84円 1414.74円 2106.64円 3490.44円
イーレックス 707.94円 1403.39円 2098.84円 3489.74円
東京ガス 745.2円 2203.7円 2917円 4343.06円

この表から分かるのは東京ガスは安くありません。

基本料金においても従量料金においても他社よりも高いですね。

例えば3人以上の家庭の場合、他社よりも約1000円ほど高い従量料金になっています。

イーレックスではスタート割引というものがあり、ガスの供給開始月から12ヶ月間、毎月ガス料金から150円が割引されます。

こう考えるとここに表示されたイーレックスの料金がさらに安くなりますよ。

東京ガスと他社の口コミ・評判の比較

次に東京ガスと他社との口コミ・評判を比較してみたいと思います。

これもぜひ参考にしてみてください。

口コミ

東京ガスを使用した人の感想
東京ガスと契約して良かったことは、月々の電気料金がとても安くなったことです。電気料金が安くなったと特に実感できたのは、エアコンを使用する夏場や冬場でした。
以前は、エアコンを使用する月に15000円くらい電気料金がかかっていましたが、東京ガスに乗り換えてからは4000円くらい安くなりました。
おかげで、年間に支払う電気料金が30000円くらい安くなることになり、家計がとても助かっています。
また、電気使用量や電気料金をネットで確認することができるので、とても便利です。
月々の電気料金の目安を設定しておけば、その料金を越える前にメールでお知らせが届くので、予定以上に電気を使いすぎて電気料金が高くなったということを防ぐことができます。


東京ガスを使用した人の感想
私は、東京ガスからガスを供給してもらっています。電気は、電力自由化を契機に、新たに東京ガスにしようかなと考えていました。
私のポストに、東京ガスから「電力自由化に伴い、電力供給を決めたことや、新たな料金プラン」について書いてあるチラシがありました。
私は念のため、他の会社の電気プランも少しですが、調べました。
結局、東京ガスは、契約電力が30~60A(アンペア)の場合を対象にしていることが分かりました。
10~20Aの電力の需要が少ない家庭などは、割り引きがなくて従来通りです。
このことは、東京ガスに限らずどこもそうで、私のように一人暮らしをしている身には、ある意味でどうでもよい話です。

口コミ

auでんきを活用した人の感想
auでんきには「電気+スマホ」のセット割があるので、このプランで契約をしました。
もともとスマホを利用していたので深く考えることなくこれにしたのですが、結果として見直しをして良かったです。
最初は電力会社はエネルギー関連の大手の方がいいのではないかと思ったのですが、説明を聞いてみると初心者であってもお得に契約ができることがわかりました。
またauでんきにしたことで請求書を1つにまとめられるようになり、面倒がなくなりました。
地味なことではありますが私は家計簿の管理がしやすくなって、楽になったので助かっています。
スマートフォンやパソコンから請求額のチェックができるのでとても便利です。


イーレックスを活用した人の感想
日頃から電気料金が高く感じていたので、家計を見なおした時にイーレックス・スパーク・マーケティングに契約する電力会社を変えようかどうか検討しました。
今までは、なんとなく他の電力会社と比較するということ自体していなかったので、イーレックス・スパーク・マーケティングのサイトで自分の家で使っている電気量を入力することで、料金のシュミレーションができるので、とても参考になりました。
実際に比較すると、イーレックス・スパーク・マーケティングの方が、月々の電気料金が安くなりそうだったので、こちらへ契約を乗り換えました。
ここで発電している電力は、環境にも優しいバイオマス発電だったりするので、微力ながら環境問題にも貢献したいという思いもあり、こちらへ変えました。

東京ガスの口コミ・評判のまとめ

上記の口コミ・評判から分かるのは利用する人のガス・電気を活用方法によって料金が安くなったり高くなることがあります。

まずは利用状況をシミレーションしたり、他社の料金やサービスを比較することをおすすめします。

 

東京ガスの契約方法や支払い方法

東京ガスの契約方法はとても簡単でネットから気軽に申し込めます。

また東京ガスの支払い方法は

  1. 口座振替による支払い
  2. クレジットカードによる支払い
  3. 払い込み票による支払い
  4. スマートフォンによる支払い

による支払い方法があります。

東京ガスは解約手数料や違約金がかかるか調査

東京ガスは解約手数料や違約金はかかりません。

これは東京ガスの電気を使用する場合も同じなので安心ですね。

しかし同一の住所でガス会社、電気会社を解約するときと引越しなどで住所が変わるときの解約方法が異なるので注意が必要です。

同一の住所でガス会社、電気会社を解約するとき

この場合は新たに契約するガス会社、電気会社が契約手続きをしてくれるので私たちは何も行う必要はありません。

引越しなどで住所が変わり、解約するとき

このときはご自身で東京ガスに解約手続きの連絡を入れる必要があります。

引越しの日付などを伝え、もしオートロックなどの建物の場合はガスの開栓・閉栓の確認を立会いのもと行う必要があることをおぼえておくことも大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

東京ガスを活用する場合、電気とセットぷらんで使用したほうが割がよさそうですね。

またキャンペーンなどもうまく活用してガス・電気代を安くするように心がけることもできそうです。