プロパンガスの無償貸与契約とは?ガス会社を変更した方が得?損?

あなたはプロパンガスを新たに契約する際に耳にする「無償貸与契約」という言葉をご存知でしょうか。

これは、新築で家を建てる時にプロパンガスでの契約をしてガス機器の設置をする際や、月々のガス料金に不満を感じて、プロパンガス会社との契約を見直したいという際に結ばれる契約になります。

「無償貸与」と聞くと「メリットばかりなのでは?」と思われるかもしれませんが、意外にそんなことはなく、デメリットやトラブルに見舞われるケースもあるほど注意が必要な契約になります。

しかし、月々のガス料金の支払いを抑制したい人にとっては、ガス会社との契約変更は有効な手段になりますので、無償貸与契約は避けては通れない工程になります。

そこで今回は、無償貸与契約における基本的な内容をはじめ、メリットやデメリット、想定されるトラブルの事例、新たなガス会社をどのように見つければ良いかなど、契約変更における内容をまとめてありますので参考にしてみてください。

ガス屋の窓口 カンタン10秒料金診断を受けてみる

プロパンガスの無償貸与契約とは?

まずはじめに、プロパンガスの「無償貸与契約」について解説していきます。

【無償貸与契約】

プロパンガスの事業者側は、ガス機材や設備、工事などの初期費用を負担するかわりに、契約者側に長期的な契約の継続、月々のガス料金の上乗せする契約

プロパンガスは都市ガスとは異なり、地下のガス導管を通じて各家庭に供給されるのでなく、各家庭ごとにガスボンベを設置し配管を伝ってガスが供給されます。

プロパンガスの無償貸与契約は、その仕組みや契約内容をガス会社があらかじめ契約者に説明する義務があるのですが、ガス会社やハウスメーカー・工務店の中には、説明不十分で契約を取り付けたりする事業者があるなど、必ずしも時間を割いて説明してくれる業者ばかりではありません。

プロパンガスを契約する際は、ご自身の状況に合わせて「無償貸与契約」または「一括支払い」を選択することになりますので、前もってこれらの費用も見積もりに含んでおくと良いかもしれません。

新築で建てる時はほぼ無償貸与契約

無償貸与契約という言葉は、あまり聞きなれない用語だと思われますが、この契約体系はプロパンガス特有のシステムとなっており、新たに契約する、または契約変更の際に申し込むタイミングで聞く言葉になります。

特に新築を建てる際は、新たに家にガスを通すため、プロパンガスの配管工事が一から必要になったり、ガスを利用するために室内で使用するガス機器の準備が必要になります。

これらにかかる費用を、プロパンガス事業者が契約者に代わって負担してくれると言った内容が無償貸与契約になります。

リースやローンと同じ仕組み

「無償貸与契約」と聞くと、「無償」という言葉が付いていますので、契約者側には損がないように思いますが、実際のところは、リースや金融機関のローンと同じ仕組みになります。

そのため、初期費用を抑制してくれる代わりに、月々の費用に工事や機器の費用が上乗せするかたちになります。

以降では、無償貸与契約におけるメリットとデメリットについてより具体的に挙げていますので、これらを確認の上で、無償貸与契約の良し悪しを判断するとよいかもしれません。

無償貸与契約のメリット・デメリット

続いて紹介するのは、プロパンガスにおける無償貸与契約のメリットとデメリットについてみていきます。

ご自身の状況や環境に応じて、無償貸与契約のメリット、デメリットは異なってきます。

下記には無償貸与契約を知る上で代表的な項目を列挙していますので参考にしてみてください。

メリット

  • 建物の建築時にかかる初期費用の負担を抑えることが可能

新築を建てる際は何かと支出が膨らむ傾向があります。そのタイミングで、無料貸与契約を結ぶことで、その分の予算や支払い等の初期費用を安く抑えたり、別の項目に充てることができます。

無償貸与契約は先述した通り、リースやローンと同じ仕組みになるため、支払いを後回しにすることができます。

仮に適正価格でプロパンガスの契約をまとめることができれば、都市ガスを導入するより安いコストに抑えることができるため、利用者にとっては大きなメリットに繋がります。

デメリット

  • 月々の利用料金に上乗せされるため価格が高くなる

無償貸与契約は、初期費用を契約者に代わってガス会社が肩代わりしてくれるリースのような考え方になります。

そのため、毎月のガス料金に、ガスの配管工事費用、給湯器やその他の設備費用の分割支払い分が上乗せされるため、都市ガスと比較した時に月々の料金が高くなります。

  • 契約期間内にガス単価が徐々に値上がりする可能性がある

無償貸与契約について具体的な内容を知らなかったり、悪質な業者と契約してしまうと、事業者側から一方的にガス料金の値上がりを通知されることもデメリットとして挙げられます。

仮に値上げに気づき、低料金を提示している別の事業者と契約変更を試みても、契約期間内であれば、設備費用の残存金額の返済を求められたり、違約金や解約金を求められることもあります。

無償貸与契約を結ぶ場合は、費用を払い終えるまでの一定期間、同じガス会社を継続して利用することが必要不可欠になります。そのため途中解約となると、これらの返済を負う義務が生じることになります。

そうなると初期費用以上の支払いを求められるため、契約変更することが容易ではなくなってしまいます。

無償貸与契約でよく起こるトラブル例

無償貸与契約と聞くと、無料で設備やガス機器を貸してくれたり、工事費用を負担してくれたりと、利用者にとってありがたい契約内容に思うかもしれませんが、「無償貸与契約」における細かな契約内容を知らずにいると、プロパンガス事業者とのトラブルに巻き込まれるケースも見受けられるのです。

下記では、実際に契約においてどんなトラブルに巻き込まれたのか、過去の事例を用いして紹介していきます。

そんな契約内容だと知らなかった

最も多いトラブルとして挙げられるのが、無償貸与契約についての契約内容を知らなかったという事例になります。

「無償」といった文言が明記されているため、契約者側からすると、余計や費用を支払うことなくガスの工事や設置をすることができると勘違いしがちになります。

しかし冒頭より先述している通り、無償貸与契約はそのような契約内容ではなく、結果的には工事や設備を導入するためにかかった費用を支払うことになります。

また初期費用を安く抑えるといっても、業者によっては実際にかかった工事費以上に、多くの概算金額を設定して、上乗せされ計上されるケースも見受けられます。

そのような契約内容とは知らずに、「初期費用を安く抑えてガスを導入できる」といった名目だけで無償貸与契約をまとめてしまうと、損をすることになりますので、契約内容をしっかり理解するようにしましょう。

契約後に料金がどんどん値上がりして、会社変更したくて知った

知らぬうちにガスの料金が値上がりしているといったトラブルも、プロパンガスを利用するならではの事例になります。

プロパンガスはガス会社が自由に料金を設定することが可能で、徐々に料金が値上がりすることもあります。その時に、ガス会社を変更できることを知って、いざ変更しようと思うと、無償貸与契約の縛りがあることを知る人も少なくありません。

プロパンガスの無償貸与契約でもガス会社変更した方がお得?

次に解説していくのは、プロパンガスの無償貸与契約でもガス会社を変更した方がお得かどうかと言った内容になります。

ここまでの話を総括すると、無償貸与契約をお得と考える人は少ないかもしれません。しかし、そればかりを気にしていると、月々のランニングコストが膨れ上がったり、トータルで見たときに損をしてしまいます。

そうならないためにも、料金が高いと感じたら、契約の変更を検討すると良いかもしれません。

場合によっては変更した方がお得

何も知らず単なる契約変更だけでは、お得になることはなく、価格設定や契約の面で事業者のいいなりになってしまいます。

しかし、悪徳な業者ではなく優良な事業者を選択することができれば、仮に無償貸与契約を結んだとしても、変更した方がお得にはなります。

優良なガス料金比較サイトなら変更後の料金も保証

次章でお伝えする「ガス料金比較サイト」を活用することで、ここまで述べてきた無償貸与契約のデメリットを上回る事もあります。

ガス料金比較サイトは、単に最安値の料金の提示や、有料事業者やプランを紹介してくれるだけでなく

  • 契約変更後の料金の保証
  • 解約の代行
  • 値上がりの防止

など、プロパンガスにおけるデメリットの部分をカバーしてくれますので、ガス料金比較サイトを経由して契約することで、安心してプロパンガスを利用することができます。

おすすめガス料金比較サイト

最後にお伝えするのは、おすすめのガス料金比較サイトの紹介になります。

下記で紹介するガス料金比較サイトは、単にみなさんがお住いの地域での最安値プランを紹介すると言ったサービスに限らず、契約変更における代行やサポートもしてくれるといった優良な比較サイトになります。

本稿で無償貸与契約の全容を知った人、または今のガス料金に不満を感じ、会社を変更したいと思われた人は、ガス料金比較サイトを経由して、優良な事業者を選定することで、契約変更後も安心して利用することができます。

下記には実績のある3つの比較サイトを掲載しておきますので、参考にしてみてください。

プロパンガス料金消費者協会:高いガス代を約30%安く

法人名 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会
対象地域 沖縄以外の地域
オフィス 東京都
サポート内容 ガス料金見守り保証、ガス会社の紹介、その他ガス供給についての相談
公式ページ 高いガス代を約30%安くする|一般社団法人プロパンガス料金消費者協会


プロパンガス料金消費者協会』は2009年4月にNPO法人として発足した団体で、プロパンガスに関する相談を無料で受け付けていたり、優良なガス会社を紹介してくれる取り組みを行っています。沖縄県以外を対応エリアとして活動しています。

大きな特徴として「プロパンガス料金消費者協会」経由で紹介された業者には「ガス料金見守り保証」が付いており、不当にされた値上げに対して5年10年経っても協会経由でガス会社を乗り換えた方であれば連絡一本で元のガス料金に戻すことができます。

また、会員ガス会社は115社と業界最多会員数となっており、その中から個人にあったガス会社の情報を提供してくれます。もちろん、消費者の方へ紹介料等を要求することは一切ありません。

“全国平均価格の30%安で安定供給したい”というビジョンの元、消費者にとって適正料金を提供するガス会社の紹介をしてくれます。

\プロパンガス代を平均約30%削減!/

プロパンガス料金消費者協会 公式サイトへ
※アパートにお住まいの方はガス会社の変更には大家さんの了解が必要です。

エネピ:ネット上で見積もり提示ができる

運営会社 株式会社アイアンドシー・クルーズ
対象地域 全国
オフィス 東京都
サポート内容 ネット見積もり提示、契約後不当なガス料金値上げ対応
公式ページ プロパンガス(LPガス)の料金・価格比較でガス代を安く!|【enepi-エネピ-】


エネピ』はリフォーム会社比較サイト「リショップナビ」や住宅太陽光発電システム比較サイト「グリーンエネルギーナビ」などを運営する住宅関連のサービスを専門に手がけている会社です。

登録するガス会社との面談を徹底したり、ネット上でガス料金を提示したりとサポートが手厚く、利用者の満足度もとても高いサービスでした。

ガス会社都合の不当なガス料金の値上げに関しても、契約後もしっかりとサポートしてくれるので安心です。

\今すぐネット見積もり/

enepi-エネピ- 公式サイトへ
※マンションやアパートへ賃貸契約でご入居されている方はサービス対象外となります。

ガス屋の窓口:総合評価◎

運営会社 株式会社エネジスタ
対象地域 全国
オフィス 東京都
サポート内容 契約後不当なガス料金値上げ対応、1年間返金保証サービス、キャッシュバック1万円
公式ページ プロパンガス料金・LPガス料金をご案内「ガス屋の窓口」


ガス屋の窓口』はプロパンガス事業を主軸とした株式会社エネジスタが運営するガス乗り換えサービスです。

とにかく豊富なガス会社と提携していることと、乗り換え後のサポートや保証もしっかりしていることから利用者からの評価が高く、今最もオススメできるガス会社乗り換えサービスです。

また、急なインフラ等によるガス料金の高騰が起きて、ガス会社乗り換え後にガス代が高くなったとしても返金保証という形でカバーしてくれます。
ちなみに期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っており、ガス屋の窓口で乗り換えると現金1万円がもらえますので更にお得に節約ができます。

\ガス料金見直しサービス総合評価No1/

ガス屋の窓口 公式サイトへ
集合住宅にお住まいの方はガス会社変更を行う場合、大家様・管理会社様の了承が必要です。

 

まとめ

今回は、プロパンガスの無償貸与契約の基本的な情報をはじめ、無償貸与契約におけるメリット・デメリット、実際に起きたトラブルの事例なども交えて解説してきました。

実際にはプロパンガスの契約変更はあまり認知されておらず、新築で家を建てられた人や、現行のガス料金に不満を感じ、契約変更を検討される人の間でしか「無償貸与契約」は知られていません。そのため契約内容を知らず、結果的に「料金が下がらなかった」、「不当な契約内容になっている」などのトラブルに巻き込まれかねません。

無償貸与契約の内容を理解せずに契約してしまうと、損をしたりトラブルに巻き込まれてしまうケースもありますので、正しく理解した上で、契約内容についても納得いくまで確認することをおすすめします。

最後に提示したガス料金比較サイトを利用することで、プロパンガスにおける知識が乏しくても安心して契約することができますので、比較サイトを経由して契約した方が安心です。